神奈川のおすすめの不動産の相場

神奈川で物件を探す場合、良い不動産業者に出会うことが大切なポイントです。まず、店舗を訪問した時に、店頭が雑然としている印象のところは選ばない方がベターです。基本的にサービス業と言われるこの業界は、訪れるお客様に不快感を抱かせないというのは最低限のルールです。店頭の物件紹介に書かれている文言にも注目しましょう。激安、眺望絶佳などといった、法令で書くことが禁じられている言葉が書かれていたら要注意です。法令違反を気にしない会社の可能性があります。店内に書類が雑然と積まれているようなところも要注意です。そのような会社の場合、お客様の個人情報をきちんと管理しているとは思えません。スタッフさんの身なりや言葉遣いにも注意しましょう。お客さんにとっては丁寧でも社内電話はぞんざいなところは避けておいた方が良いです。

細かく希望を聞いてくれる業者を選ぼう

神奈川の不動産会社を訪れると、希望の物件の金額を聞かれます。しかし、金額だけでは物件を決めることはできません。立地条件や広さ、家賃がたとえ同じだとしても、周辺環境や人によって重視したい項目などは違います。それらを細かくヒアリングした上で、本当に望んでいる物件がどんな物件かを察知してくれる業者を選びたいものです。受付をする時だけでなく、本人が希望する入居時期を早めさせようとする業者も要注意です。業者にとっては、いつのタイミングでも早く決めさせたい理由があります。下見に出かけた後、決めるかどうするか悩んでいる場合は、決めない方が得策です。退去時期が決まっていてどうしても今決めなければならない場合を除き、急いで決めてしまうと後悔する可能性が高いです。

希望の条件に合うかどうかを調べてから紹介してくれる業者

物件を紹介する前に、お客が希望している条件に合っているかどうかをあらかじめ調べてくれる神奈川の不動産会社なら信頼できます。最近はグーグルマップやストリートビューなどを駆使すれば、物件の近隣の状況も見られる場合が増えてきました。また、物件の名前を入れると室内や外観なども見られる場合もあります。物件の情報写真を閲覧できる場合、写っていない部分はなぜなのか、理由が存在する場合もあります。例えばベランダが写っていないリビングは、日当たりが悪かったり、目の前にさえぎるような建物があったりする場合もあります。内見は、なるべく多くの数を見せてもらえる業者を選ぶのがおすすめです。一度見た物件をもう一度見たいと言った時にも嫌な顔をせず案内してくれる、などの柔軟性も重視したいところです。